トップページ> その他 > ニュース

リンデンホームをゲット

 プレミアムアカウント向けの新サービス、「リンデンホーム」をゲットした。


▲アメリカ人の考える和風、みたいな感じの家をゲット! よくわかんない漢字らしきものが描かれている

 リンデンホームというのは、プレミアムアカウント(有料会員)にプレゼントされる家付きの土地のことだ。

 (注意)ただし、すでに土地を所有している人がさらにリンデンホームをゲットすると、なんと維持費を取られるケースがあるので注意

アカウントの土地使用料のページをチェックして、「所有している土地」が0だったら、リンデンホームをゲットしても維持費は無料。


▲上のケースでは、既に512使っているので、この状態でリンデンホームをゲットすると維持費がかかる

 「所有している土地」が0だったら、安心して先に進もう。リンデンホームは、Webから入手可能で、いくつかのテーマ別に分類された家から好きなのを選べばOK。


リンデンホーム入手ページで「Get Your House Now」をクリックし、手続きを進めればOK。

 

 私は、後からいくらでも別のに変えられるだろう、と適当な家を選んだが、いったん選ぶとそう簡単には変えられないっぽい。何かやり方はあるのかも知れないけど、現時点ではよくわかんなかった。リンデンホームに移動してから、セカンドライフの画面上部メニュー「世界」→「土地情報」から、「土地を放棄」すれば、また選べるのかも知れない。


▲リンデンホームゲット! Go to your Homeクリックでテレポートできる

 私はHayabusaシムという場所に家をゲットできたようだ。家は117プリムまで使えて家具なんかをおけるらしい。

 ただし、以下のような決まりがあるらしい。

  • リンデンホームは居住用。商売に使用してはいけない
  • 空にプリムを置(スカイボックス)いてはいけない
  • イベントを行ってはいけない(?)
  • 転売出来ない

 うーん、そうだな、行方をくらましたいときなんかに使うとしよう。

コントロールボックス

 リンデンホームにいくと、入り口の横に赤と緑の謎の物体がある。こいつをクリックするとWebページが開き、そこから鍵をかけたり、家の素材テクスチャを切り替えたりできるのだ。

 Webページで選んだ内容がセカンドライフ内にサッと反映されるのは、なかなか使い易くていい。

 まあ、そんな感じ。制限は結構多いけども、プレミアムアカウントだけど土地持ってないよう、という人はゲットして住み着いてみるのもいいんじゃないだろうか。

参考)

Secondlife Wiki内「リンデンホーム」解説

Secondlife Wiki内「リンデンホームFAQ」

関連:
 この記事にTwitterでつぶやく

次のXStreetの売上が、直接セカンドライフのアカウントに入るようになった。へ
SecondLifeは、自分の分身「アバター」を操り、広大な3D空間を楽しむゲームです。特徴は自由すぎるほどの拡張性。自らの手で建物や服、装飾品や乗り物、ペットを作り上げ、スクリプトを加えて複雑な動きをつけることが出来ます。
トップページ> その他 > ニュース もくじ