トップページ> 物作り > スクリプト

サウンド再生時にに「現在鳴っている音が終わってから音を再生」

 セカンドライフ内には最大10秒のサウンドしかアップロード出来ないが、それらをつなげることで数風10秒以上の曲を次々に再生して、結果として長い曲を再生できる。

 以下の行を実行すれば、「現在の音が終了次第音を再生」することが可能だ。

llSetSoundQueueing(TRUE);

 ちなみに、デフォルトだと、この機能はオフになっている。(llSetSoundQueueing(FALSE)の状態になっている)

関連:
 この記事にTwitterでつぶやく

SecondLifeは、自分の分身「アバター」を操り、広大な3D空間を楽しむゲームです。特徴は自由すぎるほどの拡張性。自らの手で建物や服、装飾品や乗り物、ペットを作り上げ、スクリプトを加えて複雑な動きをつけることが出来ます。
トップページ> 物作り > スクリプト もくじ