トップページ> 物作り > スクリプト

テキストでカウントダウンして、カウントが0になると消滅するスクリプト

 一定期間後に消滅する看板に仕込んだスクリプト。


ハッピーウォークに仕込んだ オブジェクトの上に残り時間が表示される

integer total_time;
default
{
    state_entry()
    {
        llSetTimerEvent(1.0);
        total_time = 86400*3;
    }

   
    timer(){
        integer dd = total_time / 86400;
        integer hh = (total_time - dd*86400) / 3600;
        integer mm = (total_time - dd*86400 - hh*3600)/60;
        integer ss = total_time - dd*86400 - hh*3600 - mm*60;
        string time_str = (string)dd+"Day "+(string)hh+":"+(string)mm+":"+(string)ss;
        llSetText("Remain time / 残り時間 "+time_str, <1,1,1>, 1.0);
        total_time --;
       
        if( total_time <= 0 )
            llDie();
    }
}

  total_time = の数字を変えることで残り時間を変更出来る。ちなみに、86400は一日=24時間を秒数で表した数字だ。

 total_timeに指定した秒数が経過すると、自動的にオブジェクトが消滅する。単純なスクリプトだが、使いどころがあれば使ってほしい。 

関連: 10人のアバターがSIMを楽しく練り歩く! ハッピーウォーク 
 この記事にTwitterでつぶやく

次のサウンド再生時にに「現在鳴っている音が終わってから音を再生」へ
SecondLifeは、自分の分身「アバター」を操り、広大な3D空間を楽しむゲームです。特徴は自由すぎるほどの拡張性。自らの手で建物や服、装飾品や乗り物、ペットを作り上げ、スクリプトを加えて複雑な動きをつけることが出来ます。
トップページ> 物作り > スクリプト もくじ