トップページ> お店情報 > 販売情報

ポータブルDJセット Rusty DJ BOXリリース

 Inaka SIMのK&Dショップにて、Rusty DJ BOXをリリースした。

 デモ設置場所→ http://slurl.com/secondlife/Inaka/66/180/55

 レコードが2枚、くるくる回っている台を首から下げていて、これさえあればどこでもレコードをきゅるきゅるさせてDJっぽく振る舞うことができるのだ。持ち運び(wear)型のDJブース、という感じ。

 デザイン担当のdaiさんがものすごく凝ったデザインのものを出してきたので、私がデザイン負けしないよう、必死にアニメやらスクリプトやらで遊べるように仕上げた代物だ。

 なかなか遊べるものに仕上がったとは思うが、自分ではもう浴びるほど操作しまくっているので、本当に面白いかどうかは自信がない。このアイテムを見せた人は皆、「すごいね、面白いね」と言ってくれるものの、アバターの向こうの生身の本人は、本当にそう思っているのかどうか。すぐにそういうことを疑ってしまう、ネガティブ精神が旺盛な私なのであった。

遊び方

 例によって今回もデモを用意したので、とりあえず遊んで欲しい。けど、前面に大きく「これはデモでーす」とか書くのもなんか気が引けるし、機能限定版を作るのもめんどうだったので、自動操縦アバターサービスを使って、デモ用アバターをHUDで操作する、というデモにしてみた。


▲新しいスタッフ、デモガール

 K&Dショップの奥に、ひどい名前を付けられたデモガールが居る。そんでもって、その横にデモ用HUDがある。

 「デモ用HUD 自由にデモガールを操作できます」と書いてある箱にタッチすれば、デモHUDが手に入るはずだ。


▲HUD

 HUDの使い方は、デモガールの後ろに貼ってあるので、読んでみて欲しい。けどまあ、別に読まなくたって、押せそうなボタンを適当にクリックしていれば、なんとなくフィーリングで動かし方がわかると思う。

 複数でHUDを装着して、一斉にボタンを押しまくったりするとデモガールがめちゃくちゃに暴れ演奏するかも知れないが、まあ、そこは仲良く順番に操作して欲しい。

製品版付属物

 製品版は、デモガールの背後の看板から購入可能で、L$600だ。 COPY/MOD OK。


▲販売看板

 例の箱に入ってて、操作説明やら店のランドマークの他は、以下のものが入っている。 

  • 女性用装着型DJ BOX
  • 男性用装着型DJBOX
  • Rusty HUD (操作用)


▲箱

 さらに、製品版には自分の手持ちのサウンドを登録して、ドラムループやスクラッチサウンドの代わりに使うことができるのだ。使う人がいるかどうかは知らないが、とにかく使うことができるのだ。詳しくは、付属のノートカードにやり方が書いてあるので、やりたい人は読んで欲しい。読んでもいまいちわかんねぇ、という人は私、Kabuki EwingまでIMを下さい。

 まあ、そんな感じ。ところどころふざけたアクションが仕込まれているので、適当に遊んでみて欲しい。

 →デモ展示場所 http://slurl.com/secondlife/Inaka/66/180/55

関連:
 この記事にTwitterでつぶやく

次の悪ふざけの過ぎる乗り物 スタイリッシュショッピングカートへ
SecondLifeは、自分の分身「アバター」を操り、広大な3D空間を楽しむゲームです。特徴は自由すぎるほどの拡張性。自らの手で建物や服、装飾品や乗り物、ペットを作り上げ、スクリプトを加えて複雑な動きをつけることが出来ます。
トップページ> お店情報 > 販売情報 もくじ