トップページ> その他 > 名所紹介

恐怖ムービー「REC」のプロモーションSIM

 今回はRECプロモーションSIMを紹介したい。

 RECというのは、ホラー映画で2008年6月に劇場公開予定。(→REC公式サイト

 このSIMでは、そのホラー映画の舞台を歩き回って、さまざまな体験ができるのだ。まあ、体験、などとおおげさなものではなく、クリックすればいろんなことが起こるアトラクションだと考えてもらえばいいだろう。


▲専用のHUDを装着してアパート内をぶらつく

 専用HUDを装着すると固定視点、つまりゲームのバイオハザードっぽい感じになる。これでアパート内をうろつくわけだが、操作しにくいというひとはキーボードの「ESC→ESC→Mキー」を順番に押すと「マウスルックモード」になり、さくさく移動できるはずだ。試してみてほしい。


▲なにやらきらきらしている箇所が…

 SIMを回っているとなんだかキラキラしている部分が目につくだろう。こういう箇所を見つけたら、とりあえずクリックしてみよう。すると…


▲鎖につながれ、動かなくなった私のアバター

 あれ、それだけ?と思うかも知れない。だが、このままじっと待ってみよう。近くを誰かが通り過ぎるのを。

 てっとり早く何が起こるかを知りたい人は、友達を連れていってみるといいだろう。こういう「死体ポイント」(?)はいくつもあるので、探してみてほしい。

 さらに、きらきらしている箇所以外にも「仕掛け」がある。


▲いろんなオフィス機器が散乱する事務所らしきところ

 たとえば、建物内の事務所っぽいところでは、ディスプレイや電話などをクリックしまくってみよう。すると…。

 あまり難しいなぞ解きなんかはないので、ふわぁーっと行ってなんとなく楽しめるSIMに仕上がっている。お土産アイテムも用意してあるので、興味のある人は見に行ってみてほしい。

 最後に白状すると、私はこのSIMの制作に関わった一人である。読んでもらってから言うのもなんだが、今回のこの文章は宣伝だったのだ。申し訳ない。ただ、このSIMは友達を連れていくとそこそこ遊べると思うので、気が向いたら試してみて欲しい。

 →REC SIMへのテレポートリンク

 

関連:
 この記事にTwitterでつぶやく

次の地方都市ふうの日本人が集まるSIM MATATABI SIMへ
SecondLifeは、自分の分身「アバター」を操り、広大な3D空間を楽しむゲームです。特徴は自由すぎるほどの拡張性。自らの手で建物や服、装飾品や乗り物、ペットを作り上げ、スクリプトを加えて複雑な動きをつけることが出来ます。
トップページ> その他 > 名所紹介 もくじ