トップページ> 物作り > アニメーション

オブジェクトに非ループのSitポーズを組み込むと腰が浮く

 かなり込み入った状況の覚書。

 椅子やポーズボール(Sitするとポーズをとるボール)などのオブジェクトに、非ループの座りアニメを組み込むと、アニメーションが終わると同時に腰が浮くことがある。

 これは、こういう現象が起こっているのが原因のようなのだ。

オブジェクトにポーズを組み込み、アバターがSitしていることを前提に話をすすめる。

  • 非ループアニメ再生
  • 再生終了後、デフォルトの「sit」ポーズ
  • 非ループアニメと、デフォルトの「sit」ポーズとで腰の高さ(hipパラメータ move down up)が異なると腰が浮く


▲腰の高さパラメータmove down-up

 対処方法は、1フレーム目と2フレーム目の腰の高さ(move down-up)をだいたい合わせておくことで対処できるようだ。secondlifeでは、1フレームと2フレーム目の差分でポーズを決めているので、この点に気をつければ非ループ→通常sitの連続再生がスムーズに行くと思う。

 とりあえず新たななにかがわかったらまた追記することにして今回の覚書を終わる。

関連:
 この記事にTwitterでつぶやく

次のアニメーションの後半をループにするへ
SecondLifeは、自分の分身「アバター」を操り、広大な3D空間を楽しむゲームです。特徴は自由すぎるほどの拡張性。自らの手で建物や服、装飾品や乗り物、ペットを作り上げ、スクリプトを加えて複雑な動きをつけることが出来ます。
トップページ> 物作り > アニメーション もくじ