トップページ> 物作り > アニメーション

ループアニメが一瞬止まるときの対処方法

 歩いたり走ったり自転車をこいだりするアニメーションは、連続で再生したときにつなぎ目がわからないくらいスムーズにループしてほしいだろう。


Poserで走るアニメーションを編集中

 しかし、単純にアニメーションの最初のフレームと最後のフレームを同じポーズにすると、ループのつなぎ目のところが、カクッとしているように見えてしまう。アニメーションを連続再生すると、アニメーションの最後のコマと最初のコマが続いて再生されるためだ。動きが一瞬止まって見えるのだ。

 だが、作る側としてはアニメーションの最初と最後は同じポーズにしておいたほうが何かと都合がいいだろう。

 そこで今回は、Poserなどで編集中のアニメの「最初のフレーム」と「最後のフレーム」が同じポーズでもカクッとならない方法を紹介しよう。簡単に言うと、BVH形式でアニメーションを書き出したあと、BVHファイルををちょちょいといじって調整するということだ。

 キャラクターのアニメーションをBVHファイルとして書き出し済みと仮定して話を進めよう。

書き出したBVHファイルをメモ帳などで開く


▲BVHファイル

 

少し下にスクロールさせる

 「Frames:」という行があるはずだ。ここに書いてある数値を、-1したものに書き換える。この場合は31だから、30に書き換えるというわけだ。

Frames:の行を、 Frames:  30 に書き換え、ファイルを保存

 これでできあがり。あとはsecondlifeにアップロードすれば、超スムーズなアニメが再生できるのだ。ちょいとひと手間かけて品質の高いアニメーションを作り出して欲しい。

関連:
 この記事にTwitterでつぶやく

次のDAZ STUDIOでbvhファイルを出力すると腰の位置が正しく出力されないへ
SecondLifeは、自分の分身「アバター」を操り、広大な3D空間を楽しむゲームです。特徴は自由すぎるほどの拡張性。自らの手で建物や服、装飾品や乗り物、ペットを作り上げ、スクリプトを加えて複雑な動きをつけることが出来ます。
トップページ> 物作り > アニメーション もくじ