トップページ> 物作り > アニメーション

Poserで作ったアニメーションをsecondlifeにアップロード 1

 Poserで作ったアニメーションをいくつか、secondlifeにアップロードしてなんとなくコツがつかめてきたので流れを紹介してみたい。

 Poserの操作については、Poser覚書を参照してみて欲しい。Poserでのアニメーションについては、PoserSceneMasterという書籍が詳しい。これは私が書いた本である。宣伝である。

 Poserでアニメーションを作る際、使用するのはPoser2用フィギュアだ。 (追記:本当は専用フィギュアを使った方がいい。参考:アニメーション作成に、Secondlife専用マネキンを使う


▲通常のPoserユーザはまず使わない超古いフィギュア 

 具体的には、ライブラリからフィギュア→Poser1-5→Poser2 Loにある、Biz Man P2 Lo。そんなフィギュアあったんだ?というくらい、古いフィギュアだ。


▲メニューで直接開いてもいいし、ひとつづつクリックしてもOk。

 とにかく、このフィギュアでアニメを作る。ただし、約束事が一つ。

 1フレーム目は必ずゼロポーズにすること。ほんとは、ゼロポーズじゃなくても動くのだが、何かとめんどうが起こるので、1フレーム目はゼロポーズにしておいた方が無難だ。


▲ゼロポーズ

 ゼロポーズのやり方は、以下の通り。

フィギュアのパーツのどこでもいいからクリックし、選択状態にする。

画面上部のメニューから、フィギュア→インバースキネマティクス設定で全てのチェックを外す。


▲赤丸部分のチェックを外す

画面上部のメニューから、ウインドウ→連結パラメータ編集を選択

ジョイントエディタというウインドウが新しく開くので、「ゼロフィギュア」ボタンをクリック

 フィギュアはゼロポーズと呼ばれる、すべてのパラメータが0の状態になったハリツケのようなポーズになる。


▲ゼロポーズ

 実は、呼び出し直後のデフォルトポーズでもいい。1フレーム目を毎回決まったポーズにしておく、ということが重要なのだ。

 これで、アニメーションを作り込んでいって、BVHという形式で保存する。

画面上部のメニューから、ファイル→書き出し→BVHモーション

「このモーションキャプチャデータを自動的にスケーリングしますか?」と聞かれるので、「自動的にスケーリング」をクリック

名前をつけてファイルを保存する

 何度か試していて気がついたのだが、Poserで作ったアニメーションをそのままsecondlifeに持ち込むと再生が速すぎて、アニメーションの作り方によってはカクカクになってしまうことがある。

 再生スピードを調整する一番てっとりばやい方法は、BVHファイルのある行を書き換えること。

 BVHファイルはテキストなので、メモ帳や秀丸などで開くことができる。

 「Frame Time:・・・」という行があるだろう。ファイル内検索で「Frame」をキーワードにすればすぐ見つかると思う。この値を少し増やせばいいのだ。

 デフォルトだと、0.033333になっているが、これを0.05ぐらいに増やす。増やすほど、secondlifeではゆっくり再生される。これでとりあえず、アップロード用のファイルの準備は完了だ。

 次回は、secondlifeにアップロードする際の手順を紹介したいと思う。

関連:
 この記事にTwitterでつぶやく

次のPoserで作ったアニメーションをsecondlifeにアップロード 2へ
SecondLifeは、自分の分身「アバター」を操り、広大な3D空間を楽しむゲームです。特徴は自由すぎるほどの拡張性。自らの手で建物や服、装飾品や乗り物、ペットを作り上げ、スクリプトを加えて複雑な動きをつけることが出来ます。
トップページ> 物作り > アニメーション もくじ