トップページ> 物作り > アニメーション

AO(Animation Override)を試す 2

 とりあえず、前回まででZHAOを画面に表示させることに成功した。


▲ZHAO

 では、続いてZHAOの設定をしていこう。

ZHAO上で右クリックし、EDITを選択

 Editウインドウが出てくる。

EDITウインドウのmoreボタンをクリックし、詳細情報を表示(moreボタンクリック後はlessボタンになる)

Contentタブをクリック

Emptyをダブルクリック

 Emptyというのは、設定用のファイルだ。名前が気に入らない場合はリネームしてもOK。上の画像では私が追加したアニメーション「walk1」やら「denguri」やらが入っているが、今は気にしなくていい。

 Emptyファイルは、「Walking(also Striding)」(歩く)、「Running」(走る)といった動作名が一行おきに書かれている。動作名の次の行に、アニメーション名を書くことで各動作にアニメーションを割り当てることができるのだ。ここでは、歩きの動作にwalk1というアニメーションを割り当てたい場合を想定して話を進めよう。

::[ Walkking(also Striding) 1 ]:: の次の行に、walk1 を記入

 上の例では、さらにRunning(走り)に、denguriというアニメーションを割り当てている。

 アニメーションはフリーで配布されているのをもらってくるか、購入するか、もしくは自分でアップロードすることになる。アップロードする場合は以下の注意が必要だ。

  • Priorityを4にする
  • Loopにチェックを入れる

 Priority(優先順位)を4にして、連続再生される「ループアニメ」にしておく必要があるのだ。

 アニメーションを用意したら、ZHAOのContentに入れておこう。

(表示されていない場合は)画面右下のInventoryボタンをクリックして、Inventoryウインドウを表示

ZHAOで使いたいアニメーションをEDITウインドウのContentにドラッグ&ドロップ

 これだけではまだ動かない。「設定したファイルをZHAOに読み込む」という手順が必要になるのだ。

EDITウインドウを閉じる(EDITウインドウ右上の×をクリックするが、画面下部のBuildをクリック)

(AO Offになっていたら)AO Offをクリックして、AO Onにする

ZHAOのLoadをクリック

 AO onになっていたらZHAOは動作中というわけだ。Loadをクリックすると、画面右上にこんなダイアログが出てくる。

Emptyをクリック

 設定ファイルを読み込む画面だ。設定ファイル名を変更した人は、そのファイル名が出てくる。設定ファイルを変更したら、「Load」で読み直さないと有効にならないので注意が必要である。

 これで歩くときには自分で用意したアニメーションが再生されるはずだ。走りっぱなしで歩かないんだけど、という人はCtrl+Rで走り/歩きの切り替えをしよう。

 なお、あちこち適当にクリックしてたらアニメーションが再生されなくなっちゃったよ!という人は、ZHAOのWalkをクリック後、出てくるダイアログで「1」を選ぼう。


▲Walkをクリック後出てくるダイアログ。1をクリック

 これで無事、設定したアニメーションが再生されるはずである。お疲れ様。

関連:
 この記事にTwitterでつぶやく

次のループアニメが一瞬止まるときの対処方法へ
SecondLifeは、自分の分身「アバター」を操り、広大な3D空間を楽しむゲームです。特徴は自由すぎるほどの拡張性。自らの手で建物や服、装飾品や乗り物、ペットを作り上げ、スクリプトを加えて複雑な動きをつけることが出来ます。
トップページ> 物作り > アニメーション もくじ