トップページ> 物作り > アニメーション

1L$で入手できる、アニメーション自動販売機

 アバターのモーション、つまりアニメーションを販売したいなというときに便利なのが自動販売機。

 アニメーションは、服や髪などの商品と違って、実際にどういうアニメーションなのかを試しに見るプレビュー機能のようなものが必須なのだ。

 おすすめなのが、SN AnimVender。1L$で入手できる。


▲1L$で入手できる、「SN AnimVender」

 →SN AnimVenderの入手先(クリックするとセカンドライフの地図が表示されます。さらに「Teleport」をクリックすると自動的にsecondlifeが起動し、目的にテレポートします)

■購入方法

 購入方法、といちいち書くまでもないかも知れない。普通に購入することができる。

SN AnimVendorの看板で右クリックし、Buyを選択

コンテンツの購入ウインドウが出てくるので、金額(L$1)を確認し、購入ボタンをクリック

 これで購入可能だ。Inventory(日本語モードだと在庫目録)ウインドウを表示し、Recent Itemsタブをクリックすると「SN_AnimVendor」というフォルダが出来てると思う。

 フォルダ内のSN_AnimVendorが自動販売機本体で、SN_AnimVendro Noteの方は説明書だ。

■設置方法

 まずは、とりあえず設置してみよう。

 InventoryのSN_AnimVendorフォルダ内の「SN_AnimVendor」を地面にドラッグ&ドロップ

 シンプルな形のアニメーション販売機が設置される

 デフォルトの状態だと、オマケのアニメーション(ダンス)がなんと35種類も入っている。ダンスをInventoryに入れておきたいなというときは、右クリックして「開く」を選択し、「持ち物にコピー」を選べばOK。

 ここでは、オリジナルのアニメーションを販売出来る状態に設定してみよう。まずは、オマケのアニメーションを全て削除する。

自動販売機の上で右クリックし「編集」を選択

EDITウインドウが出てくるので、「内容」タブをクリック
Contentsの#SN_AnimVencor(ver xxx)以外を削除

 複数まとめて削除するのは、まず一番上のダンスをクリックして選択状態にし、スクロールさせて一番下のダンスをShiftを押しながらクリックする。これで、全てのダンスが選択状態になるのでキーボードのDeleteキーを押すと一気に削除できる。これはまあ、Windowsの基本操作と同じだ。

Editウインドウにて、残った「#SN_AnimVencor(ver xxx)」をダブクリック

スクリプトエディタが表示されるので、「integer def_PRICE = 10;」の10の部分を販売したい価格に書き換える。

 デフォルトだと、アニメーションひとつあたり10L$で販売するというわけだ。ここでは、100に書き換えてみた。

Inventory内のオリジナルアニメーションを、EditoウインドウのContentsにドラっグ&ドロップしてコピー

 これで完了だ。アニメーションは複数入れておくことができる。

 ポーズを試すには、自動販売機の上で「TRY ON」を選択すればOK。実際に販売するには、ある程度ポーズの内容を解説した「看板」を一緒においておくと、よりわかりやすいと思う。

 ひとつ注意しなければならないのは、どこにでも販売機を設置していいわけではないということ。他人の土地などに、勝手に自販機をおいたりするのはやめよう。とりあえず土地をゲットしてからにするか、SIMオーナーに頼んで場所を借りるか、FREE YARD Saleと呼ばれる、無料で販売機を設置できる場所に設置するか。

 勝手においたりすると、二度とその街に入れてもらえない(BAN)ようになったりするので気をつけて欲しい。

関連:
 この記事にTwitterでつぶやく

次のオブジェクトに非ループのSitポーズを組み込むと腰が浮くへ
SecondLifeは、自分の分身「アバター」を操り、広大な3D空間を楽しむゲームです。特徴は自由すぎるほどの拡張性。自らの手で建物や服、装飾品や乗り物、ペットを作り上げ、スクリプトを加えて複雑な動きをつけることが出来ます。
トップページ> 物作り > アニメーション もくじ