トップページ> 物作り > モデリング

小物を作ってみる基本+複数プリムを一体化するLink(リンク)

 secondlifeで特徴的なものの一つが「モノ作り」。

 プリムと呼ばれる基本図形を組み合わせて、自分の好きな小物を作り上げ、身につけることが出来るのだ。

 作るのは割とフィーリングで出来てしまうので、私がちょっとわかりにくかった部分を中心に解説しよう。

■モノ作りのマナー

 最初のうちはちっとも意味がわからないのだが、いきなり街中などでモノ作りを始めると怒られる。なぜ怒られるかは、ゲームを進めていくとなんとなくわかる。だが、Sandboxと呼ばれる場所ならば、何を作っても大丈夫だ。

■モノ作りを始める Buildモード

画面下部の「Build」をクリック

 モノ作り用のウインドウが出てくる。

 なんかごちゃごちゃっとした難しそうなウインドウだが、とりあえずウインドウ上部の5つのアイコンに注目。

 左から、Focus、Move、Edit、Create、Landとあるだろう。Landは大地を変形させたりするため、普通の人には関係ないものなのでとりあえず忘れていい。さらに、Focus(カメラの視点操作)はキーボード+マウスで行うので気にしなくていいし、Moveもあまり使うことがないのでとりあえず忘れていい。

 で、とりあえず最初は「Edit」と「Create」だけを使うのだと考えれば、気が楽になるだろう。

 いちおう、カメラ操作のやり方を書いておこう。


 カメラ操作のやり方

  • ALT+ドラッグ操作 拡大縮小
  • ALT+Ctrl+ドラッグ操作 視点の回転
  • ALT+Ctrl+Shift+ドラッグ操作 視点の平行移動

回転や拡大縮小は、マウスカーソルのある位置が中心になるので、今マウスカーソルがどこにあるのか?ってことも一応気にしよう。真ん中に持ってきたい物体の上にマウスカーソルを置いて「視点の回転」「拡大縮小」を行えば、プリムを編集しやすい状態にカメラを調整できると思う。

 で、最初にやることは何かというと、座るための「立方体」を出す。何のこっちゃと思うかも知れないが、モノ作りは何かに座ってやると何かと安心なのだ。何が安心なのかは、立ったままモノ作りをして苦労してみればいいと思う。

自分の足下付近をクリック


▲木で出来た感じの立方体が出てきた

 そして、この立方体に座ろう。

立方体の上にマウスカーソルを移動させ、右クリックでメニューを表示させる

Sit Hereを選択

 これで、自分のキャラが立方体の上に座る。


▲はあ どっこいしょ

 視点がカーソルキーでぐりぐり動くようになる。解除するには、画面下に出ている「Stand Up」ボタンをクリックすれば立ち上がる。これで安心してモノ作りが始められるというわけだ。

■モノ作りのポイント Link(複数のプリムを一体化する) Object(プリムを複雑な形状に変形させる)

モノ作りウインドウの「More>>」をクリック

 詳細情報が出てくる。あとはフィーリングで、レゴ・ブロックを組み合わせるように各種プリムで小物の形状を作ることが出来るだろう。よく使うショートカットをまとめておく。

  • (Editモードで)赤緑青の矢印をドラッグ プリムの移動
  • (Editoモードで)Ctrlを押しながら、赤緑青の円をドラッグ プリムの回転
  • (Editoモードで)Ctrl+Shiftを押しながら、赤緑青の小さな四角をドラッグ プリムの拡大縮小
  •            白の小さな四角をドラッグすると、大きさの比率を保ったまま拡大縮小
  • (Editoモードで)Shiftを押しながら、赤緑青の矢印をドラッグ プリムの複製

 ここでは私が悩んだ二つのポイントに絞って解説する。

 複数のプリムを一体化させる

 せっかくプリムを組み合わせても、一体化させておかないと身につけることも出来ないし、ちょっと移動させようかなというときに一苦労。そんなときに使うのが「Link」だ。

 Linkという語感から、一体化するってことを想像するのはちょっと難しいかも知れないが、そうなっているので仕方がない。私は一体化させる方法がわからなくて2時間ほどインターネットの荒波をさまよい歩いた。とにかく、実際にやってみよう。

 まずは、ちょっとした準備。

画面上部のメニューから、Tools→Select Only My Objectsを選択

 これは何かというと、複数のプリムを選択するときに、自分が作ったプリムだけを選択するようにするよというものだ。メニューに「X」がついていればオンになっている。これがオフの状態でプリムを範囲選択しようとすると、道路だとか壁だとかが一緒に選択されてしまってめちゃめちゃうっとおしいのだ。

 今回は、3つのプリムをLinkで一体化してみよう。

ドラッグして、3つのプリムを囲む。

 この際、プリムのフチが白くなっていれば選択範囲に入っている。(ドラッグを終了するとフチが黄色くなる)。Shiftを押しながらプリムを順番にクリックしていってもOKだ。

画面上部のメニューから、Tools→Linkを選択

 プリムのフチが、全プリムのうち一つが黄色、残りが水色のフチになる。黄色いやつが「root」ということになるのだが、それがどんな意味を持つかは、スクリプトなどを組むときにでもまた気にすればいいと思う。


▲一体化した!

 これで、三色矢印をドラッグしたり、拡大縮小したりすると大きな一つのカタマリとして扱うことができる。Shift+ドラッグで複製も可能だ。

 元に戻すときは、画面上部のメニューからTools→Unlinkでバラバラになる。一体化した状態のまま、個々のプリムを編集したいんだ!という場合は、「Edit linked parts」にチェックをいれればOK。一体化したままプリム単体が選択できるようになる。

 ちょっと長くなってきたので、このへんで次回に続く。

関連:
 この記事にTwitterでつぶやく

次の小物を作ってみる プリムの形状を複雑に変形させるへ
SecondLifeは、自分の分身「アバター」を操り、広大な3D空間を楽しむゲームです。特徴は自由すぎるほどの拡張性。自らの手で建物や服、装飾品や乗り物、ペットを作り上げ、スクリプトを加えて複雑な動きをつけることが出来ます。
トップページ> 物作り > モデリング もくじ